通信制高校を卒業するまでにかかる期間

現在は高校中退者にやさしい制度が整った時代

通信制高校卒業するまでに必要な期間 | 単位の取りやすさは、高校によってまちまちです | 現在は高校中退者にやさしい制度が整った時代

同じ高校内でもバラつきがあったりします。
何もしなくても単位が取れるというわけではありませんが、高校卒業資格の取りやすさから言えば、高卒認定試験を受けるよりもずっと楽です。
高卒認定試験で合格するのも、かつての大検に比べたらずいぶん簡単にはなってきていますが、それでも通学制や通信制の高校を卒業するよりもハードルは高いです。
通信制の高校を卒業するまでの期間は、最短で3年間となりますが、休学したり、他の高校を中退したあと編入した場合は、3年間で済まなくなることが多いです。
高校への在籍期間は連続して通算3年間であることが求められており、中退して高校に在籍していない期間を挟むと面倒なことになるからです。
通信制高校に在籍するにあたって、当初から通学が必須となるわけではありませんから、退学はしないで転入としたほうがいいのはこのためです。
通信制高校には、何年でも在籍できるというわけではありません。
中には6年か8年だけ在籍可能としているところもあります。
学費さえ払っていれば、いつまででもいられるところばかりではありません。
その気になって通常の努力をすれば、卒業するのはそれほど難しくはない場合がほとんどですから、通信制という道を有効活用したほうが良さそうです。
現在は、高校中退者にやさしい制度が整った時代と言えます。
その制度の担い手が、通信制の高校です。
以前は高校卒業資格が学力とはあまり関係のないことは周知の事実で、ただ高校に通い続けたかどうかだけが問われていたと言えます。
しかし、通い続けることだけに価値をおくのは意味がないとして、こうした制度ができたわけですから、活用すべきでしょう。